不登校の9割は親が解決できる |ブックダム

不登校の9割は親が解決できる 

不登校の9割は親が解決できる 

著者:小川 涼太郎

著者プロフィール

出版社:PHP研究所

定価:1,760(税込)

発売日:2024年5月12日

ISBN:9784569857107

単行本/四六判/224ページ

購入サイトはこちら

内容紹介

たったの3 週間で不登校の9割を解決!
TVや教育関係でいま大注目の著者による、初の著書!


本書では、不登校の子を平均 3 週間弱で再登校に導く独自プログラムを提供する著者が、その驚きの内容を惜しげもなく公開します。
親の行動を変えることで子どもを変え、不登校を解消できる、魔法のようなメソッドが満載の1冊。
不登校に悩むすべての人を救う本。

(主な内容)
●原因を追究しなくても、不登校は解決できる
●フリースクールを選択する前に知っておきたいこと
●不登校とデジタル機器の相性は最悪
●不登校の子に言ってはいけないNGワード
●結果ではなく、プロセス・努力に注目
●魔法の声かけ「どうしてそう思うの?」 etc.

「2020年7月に不登校解決支援サービスを始めてから、2024年3月現在で865名のお子さんが再登校できています。支援スタートから再登校までの日数は平均で18.0日。3週間もかかっていません。再登校率は90.0%です。
メソッドには、ちゃんとした根拠があります。脳科学・発達心理学・行動療法などの科学的根拠に基づき、再現性の高い方法で具体的にアプローチできるよう構成しています。
私たちは、(不登校の)原因を追究しません。原因を追究しなくても、不登校は解決できます。重要なのは子ども自身の「問題を乗り越える力」を引き出すことです。不登校は家族にとって深刻な問題ですが、一つのトラブルとして表面化したものにすぎないと考えることもできます。表面的な問題を一時的に解決しても、これからもさまざまな壁にぶつかるはずです。どのようなトラブルでも乗り越える力をつけることこそが大事です。この力があれば、再登校にチャレンジすることだって当たり前になります」(本書「はじめに」より抜粋)

展開事例

 

出版事業・出版プロデュース事業
ご希望の方はお気軽にご相談ください

お問い合わせ